「どうせ女は・・」に甘えてない?彼氏がまったく女心をわかってくれない!と嘆く前に。

こんにちは!
PAM(パム)と申します。
趣味は人間観察、好物は他人の揉め事という性格悪い系女子です。
長年の趣味からストックしてきた人間関係の小話を時々こちらで公開させていただきます。
是非、お暇なときにでも読んでやってください。


「話が通じない」はお互い様!

large-(4)

あなたは、彼氏や旦那さんに対して「どうしてこんなに話が通じないんだろう」とストレスを感じたことはありませんか?
しかも、そういう時に限って相手から「本当に話が通じないよね」とか「理解力がない」とか言われたりして・・。

こういう時、文字通り「話が通じていない」わけで、私達がストレスを抱えているのと同様に相手もストレスを感じています。
私達からすると、なぜ自分の言っていることを彼氏は理解してくれないんだろう??と不満を持ちます。
しかし、向こうは向こうで「こんなに正しいことを言っているのにどうしてわからないんだ」となっています。
つまり、お互いに自分視点。

large-(3)

はっきり言って、これ、世界から戦争がなくならない原因ですね。
相手の立場になるというのは、口にするのは簡単ですが、実際にはとても難しいこと。
だからといって、その試みを放棄していいわけがありません。

極論ですが、某「北の独裁国家」が言ってること、やってることが理解できないからといって、放置しても大丈夫でしょうか。
大丈夫じゃないですね、遅かれ早かれ破滅ですよね。
そのくらいのスケールになると私達女性も理性で判断できるのに、自分の恋愛になるとひたすら自分の都合を相手に押し付ける。
ケンカ両成敗とはよく言ったもので、「彼が〜してくれないから」「あんたのせいで」とこちらが思っているときは、たいていお互い様なのです。


もう「女は感情の生き物」という自己規定は飽きてきた

large-(5)

よく言いますよね、男は論理、女は感情って。
それにしたって、男だって論理が破綻している時、結構ある、と感じるのは私だけではないはず。

確かに、脳科学の見地から、男性の方が論理思考に強く、女性の方が情緒の表現が豊か、というのも根拠はあるのですが、あまりそれにとらわれ過ぎるのも良くないな、と私は思うわけです。

large-(7)

私達女性自身が、「女は感情的な生き物なんだから難しいことなんてわかんない!どうにかしてよ!!きーーっ!!」というように開き直っている。
そのように感じることが多々あります。

だから、自分がやりすぎてないか、行き過ぎてないか、そういう視点を持つことって、実はすごく大事なことなのです。
感情のままに不満や寂しさをぶつけていたら、これはいつか破綻してしまいます。

世間的に「女は感情的になる」と思われているのを良いことに、感情のストッパーを自分で外していませんか?
本当は、こんな感情くらい、自分でコントロールできる範囲内だったりしませんか?

large-(6)

もちろん、男性よりも感情表現が強い女性が多いことは確かですし、自分でもどうしようもないほど気持ちが高ぶることもあると思います。
そんな時、それをただただ相手にぶつけるのではなく、たとえば文章に書いてみるとか、親友とカラオケで騒いでみるとか、そういったワンクッションの置き方を自分の中に用意しておきましょう。

そんな暇もないくらい緊急な事件(笑)が起きてしまった時は、もう仕方ないので、叫びましょう。
でも相手への非難や泣き言はNG。
「私、今感情的になってるんだよーーーっ(´;ω;`)」
「まともに会話ができてないよーーーっ(´;ω;`)」
「今言っていることは全部勢い任せだよーーーっ(´;ω;`)」

とりあえず、自分が今Out of controlな異常事態であることを相手に伝えて、情状酌量を狙うんです。
人間、自分が非難されるといらっとしますが、人が窮地に陥っていると思うと優しくなれる・・はず。
とにかく絶対相手を非難しない。
自分の悪かった部分もとりあえず置いておきましょう。
感情的になっている時に話すことではありません。

large-(8)

結論。
自分の感情をコントロールする努力は、決してやめないでください。
末永く、お幸せに。