噂の「バターコーヒー」って本当に痩せられるの?ダイエットのメカニズムと作り方のコツを公開☆

バターコーヒーって何?

large-(9)

バターコーヒーとは、その名の通り、コーヒーにバターを溶かしたものです。
アメリカ・シリコンバレーでIT業界を中心に活躍する、実業家のディヴィッド・アスプリーさんが提唱したのがきっかけで、世界で爆発的に流行しだしたダイエット方法です。

多忙な生活を送っていた彼が、手軽に、健康を整えながら精神と肉体のパフォーマンスを効率的に上げる方法はないかと考えて独自に編み出したのが「バターコーヒー」。

彼はこの「バターコーヒー」を飲むことを習慣にして、150kg以上あった体重を100kg以下まで落とすことに成功しました。
さらに、それだけではなく、IQ(知能指数)テストでも20ポイントもアップさせたのだとか。
元々精神のパフォーマンスを上げることも目標の一つだったので、これは狙い通りと言えます。

このバターコーヒーのルーツは、彼がチベットで登山をした際に、氷点下20~30度以下という環境の中、現地のガイドに振る舞われた「バターティー」だそうです。

110811-178098-tea-tibetan-salty-butter-yak-tea-primary_edited-1
出典元

チベットではバターティーは伝統的に飲まれている飲み物です。
黒豆を発酵させたお茶に、ヤクの乳から作ったバターを加えたもので、体を温める作用や、脂肪を分解する作用消化促進の作用など様々な効果が期待できるそうです。

そして、そのバターティーをコーヒーに変えることで、「カフェイン」の働きにより、交感神経を刺激したり、体内器官の働きを活発にしたりなど、よりエネルギー消費をアップさせる飲み物に洗練させたものが、バターコーヒーなのです。

さらに、「抗酸化作用」も期待できるので、アンチエイジングや脳活にも良いみたいです♪


どうしてバターがダイエットに良いの?

buttered-coffee-diet-1

バターはそのほとんどが脂質
普通にバターをたくさん食べたら、ダイエットどころかおデブちゃんに一直線です(´;ω;`)

けれど、このバターコーヒーダイエットでは、バターの種類が最大のポイント。
グラスフェッド」そして「無塩バター」という、2つの条件を満たしたバターでないと意味がありません。

photo-3

まず「グラスフェッドバター」とは、自然の環境の中でのびのびと放牧されて飼育された牛の乳で作られたバターのこと。
普通のスーパーなどでは手に入りにくいのですが、通販などで入手が可能です。

↓Amazonだとこんな感じ・・。
グラスフェッドバター

Chocolate-Pound-Cake-3

次に、無塩バターについてですが、単純に塩分を控えるという意味もありますが、良質な無塩バターに含まれているのは、植物油や大豆・魚などに多く、最近健康によいとして注目されている「不飽和脂肪酸」。
ココナッツオイルなどもこの不飽和脂肪酸の働きで体にいいと言われています。

体内に入っても、エネルギーとしてしっかり消費されて、脂肪として残りづらい、つまり「燃えやすい」体を作ってくれるといわれています!

グラスフェッドの無塩バターを適量摂り続けることで、脂肪を燃やしやすく、溜めない体質へと変わっていくというわけです。


どうやって作るの?

Butter-Coffee

それでは早速バターコーヒーの作り方をご紹介します!

基本のバターコーヒーは、カップ1杯のコーヒーに対し、大さじ1~2の無塩バターを入れ、よく混ぜて飲むだけというシンプルなものです。
アレンジとしては、ここに更にココナッツオイルを少量加えてもOK。
ココナッツとバターのあま〜い香りと、コーヒーの香り、想像しただけでも幸せになれちゃいますね♡

ポイントとしては、砂糖やミルクは加えないこと。
どうしても甘みを加えたければ、砂糖ではなくハチミツやオリゴ糖、アガペシロップなどがおすすめです。

large-(11)

そして、健康のためではなく本気でダイエットしたい場合は、このバターコーヒーをいつもの朝食の代わりに置き換えてみてください。
ディヴィッドさんは、毎朝2杯のバターコーヒーを日課にしていたそうです。

朝食がコーヒーだけなんてお腹が空いちゃうんじゃ・・と思われるかもしれませんが、バターのおかげでびっくりするほど腹持ちがいいんですよ♪


最後に注意点。
お通じを良くする効果もあるようなので、お腹がゆるくなっている時や、体調が悪い時は少量から様子を見てくださいね。

ダイエットや健康だけでなく、頭も良くなっちゃうバターコーヒー。
グラスフェッドの無塩バターさえ用意できれば、すぐに試せるのも魅力ですよね。
是非、自分好みの味を見つけてくださいね☆