立体感は作る時代!インスタでも爆発的に流行の予感♪禁断の「クラウン・コントゥアリング」をマスターせよ♡

あの立体感、実は「匠のワザ」だった!

large-(7)

突然ですが、海外のモデルさんなどを見ていると、肌のツヤや立体感にみとれてしまうことはありませんか?
もともと骨格や肉付きに立体感があるし、顔は特に、アジア系とは彫りの深さが違いますよね。
こればかりは生まれつきなので仕方ない、かっこいいけど・・。

いえいえ、実は違うんです!
もちろん、骨格などの違いはあるのですが、彼女たちは、元々の彫り以上に凹凸をつけて立体感を出す「ワザ」を心得ているのです!!

large-(8)

ギャルメイクの文化を通っている方なら当たり前かもしれませんが、ハイライトとシェーディングなどを駆使して、まるでもう一つの顔をメイクで作り上げていく・・。
そんな、芸術と言っても良いほどのメイク、それが「クラウン・コントゥアリング」です。
一時期は部族風メイクなどと呼ばれたこともありましたが、「contouring=輪郭削り」という名称で日本でも定着しそうです。

kim-kardashian-mtv-ema-s-2012-03

最近はこの技術が海外からどんどん進化しています。
火付け役は、お騒がせビューティ「キム・カーダシアン」。
彼女の立体感のあるメイクは、こうやって出来ていたんですね!


ところで「クラウン」って何?

ここで言う「クラウン」はピエロのこと。
なぜピエロかというと、この「クラウン・コントゥアリング」を行う過程で、顔がピエロのようになるからなのです。

今までのハイライトやシェーディングの場合、1色のせるごとにぼかしていたと思います。
しかし、今世界的にバズっている「クラウン・コントゥアリング」では、まず全ての色を該当する部分にのせます!
そして、最後に一気にスポンジなどを使ってぼかしていくのです!

Before/Afterが意味がわからない(笑)
landscape-1436877479-clown-contouring-full

最初は必要な部分に必要な色を入れていただけだったのですが、その過程の顔が面白いということで、デザイン的に絵を描くことが流行しているようです!
Instagramでも、もちろんたくさんの写真を見ることができますよ♪

アートと言い切る目的見失い感!


でも、やっぱり日本人には向かなそう?

ここまで見てきて、やっぱり日本人の私たちには、こういう彫り重視メイクは難しいかなと思ったかもしれません。
でも、そう諦めるのはまだ早い!
要は程度の問題なので、しっかりぼかすことで、限りなくナチュラルな立体感を出すことができるんです♡

日本のYoutuberさんでは、すうれろさんがチャレンジしているものがわかりやすいと思います!

日本人でもできるコントゥアリング!

ベースの後のアイメイクなどを濃くすると派手目になってしまいますが、実は今年のトレンドであるナチュラル目元メイクを行うときにも、肌の立体感は大事なんです!
昨年までは、おフェロなメイクが全盛でしたが、今年もそのままではちょっと古臭くなってしまいますよ(><)

基本はこんな感じ!
maxresdefault

透明感のあるシアーなアイメイクは、一重さんや目が小さめの方にはなかなか勇気が出ないですよね。
今までマスカラやアイラインでガッツリとしていた武装を解く感覚で、まだ踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

だからこそ、顔に立体感をつけてメリハリを出していきましょう!


顔だけではないクラウン・コントゥアリングの裏ワザって?

ここまで顔のメイクの話をしてきましたが、実は私達にとってもっと取り入れやすそうなのが、ボディーのコントゥアリングです。
これから露出の季節になりますが、ボディの凹凸だってコントゥアリングで盛っていきましょう★★

1.デコルテ
鎖骨やバストなど、女性にとって大切な凹凸が集中しているのがデコルテです。
やり過ぎてわざとらしくなってしまうのはNGですが、夜のお食事などに胸元の開いたお洋服を着て行く時、デコルテがキレイだったら嬉しいですよね!

collarbonecontour

2.美脚
ミニスカートやショートパンツなど、脚を出す機会がこれから増えてきますね。
そんな時、ちょっとコントゥアリングを取り入れるだけで、脚を細く長く見せることができます!


↑こちらは英語なので簡単に解説すると、

まず自分の足の色より1~2トーン暗めに全体にブロンザーを塗ります。
ベースが乾いたら、ハイライトを足の中央に入れ、ぼかします。

たったこれだけで、光を集める立体感のある美脚が完成!

もっとこだわるとこんな感じになります。。。すごいです。

CfgAyHLWsAAga8p

いかがでしたか?
今年の話題No.1の「クラウン・コントゥアリング」、是非、お持ちのメイクアイテムで試してみてくださいね!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村