BBQシーズン到来!服装から立ち位置まで、BBQで「女子力的」成功をおさめるための5つのポイント♡

初夏から秋まで、リアルなBBQのコツを伝授します♪

01
出典元

GWも終わりましたが、友人や家族とのBBQが頻発する時期になりましたね。
BBQって、超A級リア充の物・・そんなイメージがありますが、家族や会社関係、そして友人同士で、意外とよく企画されるイベントだったりします。

お花見なんかもそうですが、日本人は外でわいわい宴会するのが大好きですよね。
実際焼き肉BBQは、お店で食べるよりもかなり割安に美味しいお肉が食べられるので、そういう実際的な理由もあるのかもしれませんが・・。

04
出典元

さて、今回は、そんなBBQシーズンのために、私達がおさえておくべき5つのポイントをご紹介します!

BBQの服装とか持ち物のハウツー情報はよくあるといえばあるのですが、いまいちファンタジーな情報も多いんですよね。
おしゃれとかモテとかにこだわりすぎていたり・・。


「女子力的」とは言いましたが、男女関係なく、とどこおりなくBBQを楽しむためのポイントを考えてみたので、是非参考にしてみてください!
特にあまり慣れていないうちこそ、やらかしがちな失敗などもあるので、ご注意を!!

1.コーディネートの最優先事項は「火対応」

10
出典元

BBQといえば、若い世代の方にとっては男女混合でキャッキャする場でもあります。
大学のサークルのようなグループもよく見かけますね。
でも、男女イベントとは言ってもそこは「屋外」
いつもと同じ服装では浮いてしまう危険性大

09
出典元

BBQにおいて一番大事なことは「火対応」なんです!

どんな規模のBBQでも、必ずそこには「火」がありますよね。
ここに、ふわふわひらひらした布なんて持ち込もうものなら、あっという間に引火、もしくは、何かに引っ掛けて大惨事・・( ;∀;)

というわけで、基本はパンツで臨みましょう。

場所によっては、イスもなく、地面にレジャーシートなどの状況になることもよくあるので、スカートは論外です。
屋内のBBQテラスなどではショートパンツも可愛いですが、屋外なら虫よけの観点からもそれほど足を出さない格好が良いのではないでしょうか?

11
出典元

トップスも、長袖であればなるべく袖がまくれるもの、もしくは脱ぎ着ができる服装がおすすめです。
これは引火防止もありますが、屋外なので温度調節をするためでもあります。

天気によっては予想外に寒さを感じることも多いですし、温度調節できる服装という点も結構重要ですね。
紫外線よけにもなります。

さらに、意外と盲点なのが、調理系の作業をするときに、袖が邪魔になるという点です。
実際、ある女の子が長袖のふんわりブラウスで野菜を切るのを見ている男性が「汚らしいから袖をまくってほしい」とぼやいているのを聞いたことがあります。
(それに関しては「だったらお前がやれ!」と言っておきましたが☆)

さらに、かわいいんですがオーバーオールやロンパースの「つなぎ系」も辛いです。
仮設トイレしかないようなBBQ場も多いですよ!

2.男女関係なし!あると便利な持ち物

07

次に、用意しておくと何かと便利な持ち物をご紹介します。

・ウエットティッシュ
16
→普通に汚れた手や口を拭くのですが、BBQ場では水場が遠いことが多いので、活躍します!

・キッチンバサミ
17
→野菜や肉を切るのに、スペースのない屋外では包丁よりも便利です☆

・小さいおりたたみイス
18
→テーブル設備が無い河原などでは重要です。100均で売っているような小さいものでも、あると無いとでまったく変わってきますよ!

・アルミホイル
13
→調理担当の人が持ってきているとは思いますが、焦げないように野菜を焼いたり、焼きそばや汁物を作るのにも使えるので意外と便利です!

・ポテトサラダやマカロニサラダなどすぐ食べられる物
02
→これも買い出し班が買ってくるとは思いますが。炭火をおこすのには意外と時間がかかるので、すぐ食べられるお惣菜は喜ばれます♡

※女子力を見せつけたい場合は、手作りのピクルスなどさっぱり系のこじゃれたおかずを持参してもいいですが、グループの雰囲気を読み間違えると、ちょっとあざといですね(*´ω`*)

3.ヘアメイクはやり過ぎ注意

12
出典元

さて、失敗している人をよく見かけるのがヘアメイクです。

まず、髪!
髪、おろさない!!!

1で言った引火防止もありますが、やっぱり何よりもうざいんですよね。

屋外だと晴れている日でもかなり風があるのがBBQなんです。
みんなが火を使っているから上昇気流でも起きてるんですかね?

食べ物を前に、必死に髪をかきあげ続ける・・あまり気持ちの良いものではありませんね。
それにタレ皿を手持ちで食べるシチュエーションが多いので、「なが~い髪がタレに浸る」という図も避けたいですよね・・。

ねじったりくるりんぱしたり、男子の好きなポニーテールしたり、アレンジなんて色々あるじゃないですか!

なぜBBQの日に限って髪をおろしてきた!!!!
そう思われないためにも、髪は可愛くアレンジしてまとめておいてくださいね(・∀・)

14
出典元

そして、メイク!
メイクはまあ好みもありますが、「太陽光の下で灰と煙にまみれ、化粧直しはまともにできない」ということだけは忘れないで下さい。

結局厚塗りは避けたほうが無難だと思います。
ドロドロに崩れたら目も当てられないので・・。

それにどうしても「食べる」ので、口紅もガッツリ落ちることを踏まえて、濃いリップカラーはやめておきましょう。
くやしいけど(?)ナチュラルメイクが一番ですね!

4.立ち位置は「母の気持ち」で!

15
出典元

さて、これも結構重要なんです。
「母の気持ち」
それは・・「やりたいやつがやるのを温かく見守る」です!

あなたが普段からどれだけ料理をしていようが、BBQだけは「やりたいやつ」の舞台なんです。

もちろん、野菜を切ったり後片付けをしたり、さりげなくゴミをまとめたり・・そういった気遣いは素敵です。
でも、「焼き」だけは!
「やりたいやつ」にやらせてあげて下さい。

03
出典元

慣れている「焼き師」であれば、おいしいお肉やちょっと凝ったアウトドア料理が食べられるでしょう。
にわか「焼き師」に当ってしまうと、炭火をおこすのに2時間かかるのも野菜を全部焦がすのも、見ていてハラハラして口出ししたくなると思いますが、ここは我慢してあげて下さい。

彼らにとっては、ここが大事な「見せ所」です。
今日のために、がんばってGoogle先生にたくさん質問したり、Amazonでダッチオーブンを買ったりしてきたのです。

一番けなげな「焼き師」だと、服も新調してきています。
アウトドアブランドでトータルコーディネートしていたら察してあげて下さい。

もう一度言います。
重要なのは、「母の気持ち」です。

5.酔いたいなら二次会で。飲み過ぎ注意!

05
出典元

最後に、どちらかというとお若い方々への忠告です。

BBQで泥酔するな。

昼間に行われることの多いBBQでは、深酒するメリットはあまりありません。
普通の飲み会より長時間になることが多いので、序盤に飛ばし過ぎると限界が早いです。

夕方のBBQ場で死んでいる大学生をよく見かけますが、みっともないだけでなく、チャンスを逃しているので残念だなと思います。
BBQはあくまで楽しく食べて、適度に飲む場です。

もしハンティング的な展開があるとしたら、それは夜の二次会からなのです。
ひとりで飲み過ぎて途中退場しないように、気をつけてくださいね。

08
出典元

以上、「女子力的」成功をおさめるための5つのポイントをご紹介しました!
皆様、これらのポイントをおさえて、最高のBBQを楽しんで下さいね!!


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村