この夏のビューティートレンドはこうやって攻略する♡ランウェイ発のメイクトレンドを等身大に落とし込んでみたfromU.S.A.

いよいよ近づいてきた2016年夏のメイクアップトレンド

23
出典元

トレンドは気になるけど、普段使いにはちょっと奇抜な流行もありますよね。
そこで、アメリカのトレンドメディア「Refinery29」が、等身大にアレンジできそうなトレンドをピックアップしてくれています!

日本では発売されていない商品に関しては、ASUKARAの方で代替品を探してみました☆

それではどうぞ♪

=================

毎シーズン、私達はトレンドの洪水に飲み込まれてしまう。
予想外のランウェイルックや、ハリウッドでの流行、そして最近では、SNSから火がつくことも。

とにかく選択肢が多くて、ほとんど数カ月ごとにトレンドが入れ替わっていると言っても差し支えないくらい。

そんな状況に少しうんざりしてる?
私達も、そう。
そのせいで、何を本当に知っておくべきなのかということを分析したり、実際に試したり、こうしてアップしたりするのに膨大な時間を費やしてるわけだから…。

なんて言いながらも、今回紹介するのはめちゃくちゃトレンドにフォーカスした夏のショッピングリストなんだけどね。

24
出典元

トレンドの中でも、私達が気に入っている物を取り上げたわ。

ブルーのアイメイク、今までになかったリップ、ストロボアイ。
そして、それぞれに、オフィスでも使えるような商品をセットにして紹介してる。

だから、「今夏のリップカラーがちょっと奇抜で、使うのに勇気が必要だとして、実際に取り入れるためにそれほど激しくならないリキッドタイプのリップを探す」みたいなことは、もう私達がしておいたわ。
つまりこういうこと。
このページをブックマークして、ショッピングカートを準備してね。あとは実際に試すだけ。

ちなみに、超過激だけど試してみたくなるような夏のトレンドルックの失敗しないやり方もちゃんと書いてあるから。

=================

1.No-Lipstick Lipstick 今までになかった「リップスティック」

17
出典元

最初に出てきた言葉は「No-Makeup Makeup」だった。(ASUKARA注:ナチュラルメイクのこと)
そして今や、美容業界は「全然リップに見えないリップ」を大量に発表するのに夢中。でも使いやすいんだよね。

アイスキャンディを食べたあとみたいに自然に唇が染まったり、違和感無しで完璧に実物より綺麗な唇に見せてくれたりするこれらの新しいリップのことを、私たちは「No-Lipstick Lipstick」と呼ぶことにしたの。

このトレンドを楽しむためにはいくつかの方法があるわ。
私達が気に入ってるのは、「Milk Makeup」の新しい「マーカー」。
仕上がりはマットで、ピタッと密着した感じ。

13
↑それと、「Glossier」の「Generation G」も、すごく唇が綺麗に見える色合いも素敵。


予算が限られてるって?大丈夫!
14
↑だって、「Revlon」の「ラッカーバーム」ならプロ仕様のカラバリなのに、お財布に優しいんだもの!

01
Milk Makeup Lip Marker

16
3CE LIP MARKER
¥1,940

=================

2.Eye-Strobing ストロボアイ

18
出典元

今までのハイライトの入れ方はもうダサいかも。
レッドカーペットを見ると、セレブ達は、ギラギラ系のシャドウを緻密に計算して入れる、「文字通り目をライトアップするようなメイク」はもうしてない。

軽くぽんぽんとのせた「ストロボアイ」が流行っているのは、超簡単だから、というのと、誰にでも似合うから、という理由が大きいと思う。

まずは肌のトーンを綺麗に見せてくれるシャドウかハイライターが必要。
それと小さいアイシャドウブラシか清潔なリップブラシ。

私たちは水アリでもナシでも使えるパウダータイプのシャドウがお気に入り。
少し湿らせたブラシで使うと、ちょうどいい量が使えるし、持ちもいいしね。

今年っぽくするには、そうやってブラシに取ったシャドウを、目頭を中心に涙袋の上下になじませて。
まつげの隙間も埋めて、よくぼかすこと。

これで、今まで見たことがないような明るいアイメイクの完成!

02
NARS Dual-Intensity Eyeshadow ¥3,240

 

=================

3.Lip Gloss リップグロス

今シーズンはちょっと不思議なことが起きてる。
私達も予想できなかったことなんだけど、リップグロスが復活してるみたい。

最近のトレンドにどっぷり使ってた人にはちょっとやりにくいかもしれない。
特にリップグロスはダサいっていうのは常識みたいになってたから。

でも、それほどでもない人なら知ってると思うけど、2005年に私達が集めてた時のグロスとは比べ物にならないくらい、最近のグロスってイケてるんだよね。

違いは、最近のグロスはほんのり色づいて輝くタイプで、べたべたしない点。
一番重要なのは、必ずしもラメが入ってないってこと!

15
↑「Kylie」の「formula」から「ランコム」の新しくなった「ジューシーシェイカー」まで、たくさんの種類の中から好みの「今年っぽさ」を選べるわ!


ポイント:これらの新しいグロスは、血色感のあるチークと、跳ね上げラインのリキッドアイライナーと合わせるのが驚くほど今っぽくなるから、是非試してみて。
高校生の頃に戻るみたいで、ゾクゾクしちゃうわね。

03
Lancôme Juicy Shaker ¥3,000

=================

4.Color-Correcting コントロールカラー

19
出典元

「Color-Correcting」のトレンドは、大規模にはじまってる。
最初はちょっと怖いかもしれないけど、一度そのテクニックをつかんだら、実はすごく簡単なの。

そのテクニックっていうのは、基本的には美術の考え方をメイクに取り入れること。
これはクマとか鼻の周りの赤みとか、いらない色みをベースメイクで消したりするのに使える。

色で補正するのはコツがいるから、いきなり高級品に投資しないで、お手頃価格のパレットから始めるのをおすすめするわ。

そして、芸術家になりきって、消したい色味の上に反対色を重ねてね。
たとえば赤っぽいシミにはグリーン、紫っぽいニキビ跡やクマならイエロー、みたいに。
そのあとで、コンシーラーやファンデをのせるのよ。

04
Nyx 3C Concealer Palette Medium

12
CITY COLOR Correct & Perfect Palette – 5 Shades (並行輸入品)

=================

5.Blue Eyeliner ブルーのアイライナー

春の最大のトレンドであり、完全に誰にでも似合う「あるアイテム」は、夏に向けても衰える様子はないみたい。
それが「ブルーのアイライナー」!

ブルーはフレッシュに見えるし、おしゃれだし、季節感もある上に、肌のトーンや目の形を選ばない。
しかも、メイク前にインスピレーションがわかなくて悩む、なんてこともない。

私達のお気に入りは「Tarte」の新色の明るい色味と、使いやすい形。

20
出典元
とっておきの使い方が2つあって、1つはブラシを使って下まぶたのキワに細いラインを書く方法。
ポップに見えるけど、それほど奇抜じゃないわ。
そして中間色の細かいラメのシャドウと黒いマスカラで仕上げてね。

21
出典元
もう1つは、黒の代わりにこの明るいアクアカラーでキャットラインを書くこと!

05
Tarte Clay Pot Waterproof Liner

10
益若つばさプロデュース ドーリーウインク カラーアイライナー 03 ターコイズブルー 2DW3160

11
メイベリン カラーインク シャドウ BE-1 ベージュ

=================

6.Non-Traditional Lip Color 革新的なリップカラー

22
出典元

試してみたいって思うでしょ?
じゃあ試してみなきゃ!

黒、パープル、コバルトブルー、なんと白なんてのもあるわ!
今年ほど、こういう新しい色のリップを試しやすい年も無いと思う!

おすすめはプチプラのマットタイプ。
結局、これは誰にでもできるトレンドではないわけだしね。

一応書いておくけど、試した結果、全然気に入らないかもしれない。
失望しないためのアドバイスとしては、すでにアイシャドウとしては使って大丈夫だった色のリップを選ぶこと。
そうすれば、自分の肌色に合う色を選べるから。

あとはマットタイプにこだわってね。
その方が輪郭も正確に書けるから。
あとはいつも通りのメイクでOK。
ほんの少し、いつもよりパーツを際だたせるといいわ。

リップのインパクトと釣り合いを取るためには、黒か茶のアイライナーで目のキワを埋めるように細く囲みラインを入れて、眉毛も少し濃い目に書くこと。
そして、顔色が良くなる程度に軽くチークを入れてね。

あくまで主役はリップ!
顔の他のパーツは主役を支える役割と思ってね。

06
ColourPop Ultra Satin Liquid Lipstick ¥3,700〜

=================

7.A Pro Highlighting Kit プロ仕様のハイライトキット

もし、今年の夏、なにか自分のためにご褒美がほしいと思ったらこれがおすすめ。

私達が覚えている限り、メイクアップアーティストのPat McGrathは、いつだって美の世界において先駆者だった。
「Covergirl」から「Gucci」まで、たくさんのブランドにその才能を貸してきた彼女が、ついに、自身のアイテムをリリースしたの!

この「Skin Fetish」は、3種類のアイテムが入ったハイライターキット。
バームとハイライターが1つになった物と、ブラシ、そしてパウダーがセットになっているわ。

この最高のキットを使えば、1日じゅう崩れないほんのりツヤ肌から、夜遊びでは誰よりも目立てるような光り輝く肌まで、たくさんの肌を作ることができる。

あ、あと、ちょっと思ったんだけど、スパンコールが詰まったパッケージは、インスタにも最高じゃない?

07
Pat McGrath Labs Skin Fetish 003

09_1
レブロン フォトレディ プライム + アンチ シャイン バーム 010 クリア

09_2
レブロン [韓国コスメ Revlon] ハイライティング パレット 030 Bronze Glow [海外直送品][並行輸入品]

=================

8.A Monotone Palette モノトーンパレット

最近は単色や同系色でのメイクについても注目してきたけれど、これは単にハリウッドでの流行というだけじゃなくて、誰にでも似合うしどんな場面でも使えるからなの。
夜遊びにもいいし、都市部での軽いランニングにも使える。

加えて、ごく繊細なメイクで濃いラインがないから落とすのも楽だし、正しい色の組み合わせを選ぶ技術も必要ない。

手持ちのアイシャドウから好きな色を選んでもいいけど、同じトーンでいくつかの色が揃ってるパレットを持ってると簡単よ。
この「Make Up For Ever」のパレットはそんなにお安くはないけれど、色持ちが良くてリップ、チーク、アイメイクを統一した色味に仕上げることができるからおすすめ。

08
Make Up For Ever Flash Color Palette Multi-use Cream Color Palette ¥14,580

=================

いかがでしたか?
いまはネット通販もあるので、海外からの購入も簡単にできるのですが、できれば近所でもこういう遊び心のあるアイテムがたくさん選べるようになると楽しいですよね!

今年はプチプラ界でも、カラバリ豊富だったり、今回ご紹介したトレンドをおさえたアイテムもたくさん発売されそうなので、またご紹介しますね!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

※今回の記事はこちらの原文をASUKARA編集部で翻訳したものです。
一部伝わりやすくするために意訳している部分があります。