夏フェスファッション①★コーチェラフェスの2016のトレンドは??

いよいよ夏本番!夏フェス本番!

2014 Coachella Valley Music and Arts Festival - Day 1

今年も様々なフェスが開催されます。

私たちにとって、フェスに着ていく服装って結構悩みの種ですよね。
開催場所とか、音楽のジャンルによっても変わってくるところですが、実用的かつおしゃれなファッションを楽しみたいですね。

そこで、ASUKARAでは2回にわたって、夏フェスファッション特集の記事をアップします★

第1回目の今回は、、
トレンドはいつも海を超えてやってくる!というわけで、
その年のフェス模様をリードすると言われる世界最大級の夏フェス、「コーチェラフェス」の様子を見てみましょう!!

コーチェラフェスって?

coachella01

アメリカ、カリフォルニア州インディオの砂漠地帯“コーチェラ・ヴァレー”で行われる野外音楽フェス。
毎年、4月ごろに開催されるので、世界中のフェスの傾向を先取りすると言われています。

音楽好きの若者はもちろん、モデルやアーティストなどセレブたちもこぞって参加し、ファッションの面でもその年のトレンドを反映すると言われ、おしゃれ好き達の注目を集めているのです!

2016年も大盛況のうちに開催されました。
そんなコーチェラのレポートから、海外ファッションメディアの「Culture with CoCo」の記事をご紹介します!


COACHELLA FASHION 2016より

01

今年もコーチェラのシーズンがやってきた!
羽のアクセサリーとハンターブーツ、ドリームキャッチャー、それにショートパンツとフリンジベストを用意しなくちゃ!
私たちは、毎年毎年「コーチェラ行くならこんな感じでしょ!」っていう代わり映えしない服装に甘んじているみたいに見える。

そもそも、コーチェラって何?
「コーチェラヴァレー・ミュージック&アーツフェスティバル」は毎年カリフォルニアのコロラド砂漠で開催される音楽とアートのフェス。
そんなコーチェラフェスにふさわしいファッションのアイディアをまとめてみたから、チェックしてね!


2016年のコーチェラでまず話題になったのは、1996年から分裂状態になっていたバンド「Guns n' Roses」の再結成!
そんな感じで、たくさんの注目ポイントがあったのはいいんだけど…問題は、何を着てくのが一番いいのかってこと。
コーチェラの常連の多くは、「丸一日を過ごすんだから、着心地重視で選ぶべき!」って言うと思う。
あなたに似合う、ベストなフェスルックを提案するわ。


①花柄

coachella-style-guide-2016

花柄は、いつだっていい感じ!
2016年の春夏のメイントレンドとしては、大きな花柄、大きければ大きいほどいいわ。
大きな花柄はランウェイを支配していたけど、今年のフェスも花柄だらけになりそう。
一番目立つところで花柄を使って、自分らしさを表現してみて。

すごくよく見かけるのは、花柄のバンドゥータイプのトップスに、デニムのホットパンツ、レザージャケットかデニムのベスト、茶色のレザーブーツ(大体はデイジー柄)、そしてルーズなパーマヘアにヘッドバンドをしている女の子。
そういうのはもうありきたりだから、イメージを広げてあなたらしさを加えてみて。
信じてね。絶対あとでかぶらなくて良かったって私たちに感謝するから!


②ボヘミアン&カラー

what-to-wear-to-coachella-2016

他のフェスと違って、コーチェラのファッションってロック色は薄め。
ペイズリー柄や花柄が日差しの下で咲き誇っていて、マキシワンピやタンクトップにパンツが多い。
短めのトップスとか、デニムジャケット、カラフルな柄のパンツもいいわね。


③ダークカラー

coachella-outfit-inspiration-2016

私たちのお気に入りは、きゃぴきゃぴしてるわけじゃないってことが表現できる、大人なダークカラー。
白を着る人って多いんだから、その反対色を着たら目立つに決まってる!
それに、何か食べこぼしたり、草でシミが付いたりしたって安全だし。

特に、汚しの入った星条旗のタンクとか、白いパンツ、フリンジブーティーなんかの定番アイテムと合わせたら最高!

最後に。今回紹介したのはコーチェラでトライしたいファッションの一部だけど、もちろん他にもたくさんの可能性があるわ。
新しいチャレンジをして、いつもの定番コーデから外れてみることを楽しんでね。
フェスではファッションも重要なポイント。
クールと思うものなら何を着てもいいし、あなたが着たいって思うコーデこそ、ドレスコードなの。



というわけで、コーチェラファッション速報でした!

もちろんアメリカと日本の流行の違いもありますが、記事内にも書いてあるように、これを着ちゃダメっていう決まりなんてありません。
まずは自由な発想で夏フェスファッションを楽しんでくださいね!

次回は、いよいよ日本の夏フェスについて考えてみましょう!

コーチェラは、日本で言うとフジロックとかライジングサンのノリに近いですかね。
自然の中のフェスという雰囲気です。

都市型フェスや、屋内メインのフェスなど、条件が変われば服装も微妙に変わってきます。
その違いに注目して解説してみますので、お楽しみに♡

↓↓夏フェスのファッションを考えるのが楽しくなってきた!というあなたは、是非クリックして下さい!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村